都心部の経済開発戦略の作成と推進

渋谷再開発協会

顧客
渋谷再開発協会
エリア

まちづくりマスタープランの策定を支援

渋谷再開発協会は、渋谷駅周辺の商店街団体や町内会、鉄道事業者や百貨店、金融機関など、さまざまな企業や団体が会員として名を連ねています。2017年に渋谷区から「渋谷駅を中心としたエリアにおける産業振興についての検討及び、まちづくりマスタープラン策定への協力」を依頼され、開発・経済委員会を設置して、半年かけて広範・多岐にわたる観点から議論を交わしました。当社は同委員会の運営と資料の作成を受託しました。

「渋谷計画2040」をまとめて渋谷区に提案

委員会では「2040年に渋谷がどうありたいか」というビジョンを掲げて、そのための商業、人、事業所、観光、防災、イノベーションに関する目標を設置しました。これらに関するデータ収集と分析を行い、短・中長期の細やかなアクションプランを策定。「成熟した国際都市 渋谷」に向けた経済開発戦略「渋谷計画2040」という資料をまとめて、渋谷区長に提言として報告しました。なお、渋谷再開発協会は「渋谷計画2040」の実現に向けて、さまざまな活動を展開しています。

プロジェクトメンバーのコメント

出川 菜穂

ディレクター

限られたデータリソースを使って裏付けや仮説を構築することに苦労しましたが、短期間でその膨大な情報について皆さんに納得していただき、同じ将来ビジョンへと向かっていく機運をいかに作り出すかがこの案件のカギであると考え、地道なコミュニケーションやプレゼンテーションを丁寧に行うよう心がけました。