地方における不動産投資ビジネスに関する共働

玄海キャピタルマネジメント

顧客
株式会社玄海キャピタルマネジメント
エリア

独立系不動産投資顧問会社の相談役を務める

株式会社玄海キャピタルマネジメントは、2006年に福岡で設立された独立系不動産投資顧問会社です。現在は福岡と東京に拠点を置き、不動産ファンドマネジメント・アセットマネジメント、不動産アドバイザリー業務などを手がけています。代表取締役の松尾正俊氏は、不動産投資を通じて、自らの地元である福岡をはじめ地方都市を活性化させたいと考えています。そこで当社に、地域における不動産や投資ビジネスの在り方に関して、コンサルティング業務を依頼されました。

地域の具体的な案件に関してアドバイスを実施

2014年から月1回、勉強会を開催しています。その中で公共の空間や建物に着目し、九州内の公共建築や民間再開発に関するアイデアを整理しました。その一貫として、福岡市の旧大名小学校跡地の活用コンペに共働して参加しました。

写真提供:福岡市

プロジェクトメンバーのコメント

後藤 太一

創業者 / 代表社員 / エグゼクティブ・ディレクター / 米国認定都市計画士(AICP)・ 一級建築士

日本の不動産金融市場は東京の比重が圧倒的に高く、その他の地域では人材が育ちにくい状況にあり、地域経営の足枷になっています。そこで、公共資産の利活用を切り口に、新しい不動産投資ビジネスを育てていく顧客の考え方に共感し、具体的な案件を通じて、新しいスタンダードをつくっていこうとしています。